収入証明書不要カードローン

カードローンの申し込みには、いくつかの書類を用意する必要があります。

用意することになる書類は、

1.本人確認書類
2.収入証明書

の2種類ですが、収入証明書類については、必要にならないことも多く、収入証明書不要カードローンを選ぶことも可能です。

しかし、一般には、どのカードローンに収入証明書類が必要になるのかは、分かりにくいと感じるはずです。

そのため、ここでは、収入証明書類が必要になるケース、ならないケースについて説明したいと思います。
■消費者金融と収入証明書類の関係について

消費者金融のカードローンに申し込むときは、銀行カードローンよりも、収入証明書類が必要になることが多くなります。

消費者金融には、貸金業法による規制があり、

1.50万円超の融資をするとき
2.他社の借入額との合計が100万円を超える融資となるとき

の2つの場合に、収入証明書類によって返済能力を調査する義務が生じているからです。

そのため、ある程度以上の高額融資が必要なときは、消費者金融ではなく、銀行カードローンを選ぶようにしましょう。
■銀行カードローンと収入証明書の関係について

銀行のカードローンの場合は、消費者金融のような貸金業法の規制がありませんので、銀行ごとの独自の基準で提出することになります。

一般には、100万円以下の融資のときは、収入証明書不要になることが多く、

・オリックス銀行カードローン
・みずほ銀行カードローン

のように、200万円~300万円まで収入証明書不要とするケースもあります。

面倒な書類を用意したくないというなら、銀行カードローンから申し込み先を選ぶといいでしょう。
■用意する収入証明書について

収入証明書を用意するときは、基本的には、源泉徴収票を用意します。

所得証明書や納税証明書が使えることもありますが、いわゆる給与明細ではダメなケースが多くなります。

公的に発行された書類を用意し、申込みに備えるようにしましょう。

Category:

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます:

<a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>